お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5538

再診・その他のお問い合わせ

03-5276-9090

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

口腔外科・親知らず

当院で行っている口腔外科とは?

当院で行っている治療は、埋伏智歯(親知らず)の抜歯が主で、粘膜疾患を発見した場合は、大学病院や都立病院をご紹介しております。

親知らず

親知らずは何故抜かなければならないの?

親知らずは傾いて生えていることが多く、奥歯と親知らずの間に食べ物が詰まったままになることが多く、それがきっかけで、むし歯や智歯周囲炎になることがあるので、ちゃんと噛み合っていない場合は、周りの歯に悪影響を及ぼす可能性があるので、抜いたほうが良いと言えます。

親知らずの治療

まっすぐ生えている親知らずの場合は通常の治療で済むことがありますが、親知らずは奥歯で中々治療が難しい場合があります。そういった場合は抜歯を行います。

親知らずはブラッシングなどのケアが出来ない場合があるので、他の歯への影響を考えると、抜歯した方が良いという判断になります。

当院の親知らず治療で特徴的なこと

大学病院での経験が多く、安心して治療をうけていただけることです。親知らずの治療は、経験が物を言う部分があります。当院では、なるべく治療後腫れないように気をつけています。

抜歯時に気をつけていること

  • 施術時間は短時間で済ませたほうが、痛み・腫れが少なく済む可能性がある
  • 抜歯した直後は、患部を冷やしてもらう。腫れる前に2時間ほど冷やしたほうが良い。
  • 痛みがある時は麻酔が効かないことがあるので、投薬をして炎症を抑えてから後日抜歯されるほうが良い場合があります。

親知らずの移植

酷いむし歯の場合や歯周炎で保存不可能となった場合、抜歯する必要があるのですが、親知らずを抜いてその親知らずを抜歯した箇所に移植することが可能な場合があります。

移植できる条件が揃った場合のみ可能な治療となります

割れてしまった歯の修復

当院の修復治療

歯の神経を取ってしまった時によく見受けられるのですが、歯が縦に割れてしまうことがあります。そうなると、従来は抜歯になっていたのですが、割れた断面を接着して、再度口腔内に戻す治療をしています。100%上手くいくとは限りませんが、当院ではご希望の方に施術処置をしています。

診療予約・お問合せはこちらから

診療時間
10:00~20:00
※土曜は17:00まで

初診の方はこちら>050-7302-5538

再診予約・その他>03-5276-9090

お問合せフォーム

PAGE TOP